主にライブのメモとか。

お笑いライブや音楽ライブのレポと感想を中心に。いいブログタイトルが思いつかない。

2019年9月3日「音速ライン『おてもと』Very Best Of ONSO9LINE 発売記念イベント」

2019年9月3日(火)
タワーレコード横浜ビブレ店
 
音速ラインのベストアルバムのリリイベに行ってきた。
 
横浜駅の改札を出てジョイナスを抜けてビブレに向かおうとすると外は雷雨。ビブレまではおそらく徒歩2分くらいだけど傘をささずに行ったら5秒でずぶ濡れになるような雨の中歩いていって音速に会うわけにも行かないので、一旦ジョイナスの中に戻って雑貨屋で傘を買った。思わぬ出費w
 
f:id:mccice:20190916214742j:image
 
2人だけのアコースティック編成。アコースティックのときは立ち位置(座り位置?)が逆になるので大久保さん側の上手で観た。
 
大久保さんはビーサンだった。ラフすぎる。藤井さんもサンダル。
 
前回ロフトで観たアコースティックはエレキギター使ってたけど、この日はちゃんと(?)アコギだった。
 
藤井「夏も終わるけど、今くらいの季節がちょうどいいのかな。本当は冬の曲だけど」
 
打ち上げ花火
「雪降る街の〜」のくだりがカットされてたから普通に夏の曲みたいだった。
 
外の音を聞いて
藤井「カミナリだね。カミナリの曲あったかな」
ないと思うよw
新曲はあんまりやりたくないよね、とか言いながら結局新曲。
Suger&Spice
Lost
 
大久保「今の曲やる予定なかったんですよ」w
藤井「大久保が困ってる顔見るのが好き なんだよね」
 
夏色の風(ワンコーラスだった気がする)
run run run
アンカー
 
夏色の風のアコースティック結構いい。この曲好きなのにあんまりライブでやってくれないイメージ。
 
最初はちょっとギターの音が大きいな、と思っていたんだけど、ライブの途中からギターとボーカルのバランスが良くなってすごくよかった。
 
初めて観る人ごめんね、こういう(ゆるい)バンドなんです、とゆるいMCを挟みながらの30分くらいのライブ。
こっちは見慣れてるので相変わらずゆるいな、って思うだけですw
 
f:id:mccice:20190916214809j:image
 
ライブ後はサイン会。アンカーが好きだからやっと音源で聴けてうれしいって話をしてきた。
 
f:id:mccice:20190916214713j:image
 
そのあとちょっと店内をふらふらしたけど、フラゲ日のタワレコはそれなりに混んでておかしくないのに全然人がいなくて、雷雨の影響だったのかな。
家帰ってからテレビ見たら横浜駅で浸水、というのがニュースになってて、え?さっき普通に横浜駅使ってなんともなかったけど?とびっくりした。
 
天気のせいで来れなかった人もいたのかなー?
 
 
ちょっとアルバムの感想。
よしもと移籍以降のベストということだけど、なかなかいい選曲だと思う。ライブの定番曲だったbeer canやリード曲だったウーロンハイをあえて外したところにかえってこだわりを感じるというか、メッセージ性を重視したと感じる。
個人的に大好きな空はマボロシが入らなかったのは残念。マジックワードよりこっちを入れてくれよ!w 
あとシングル曲なのに過去のアルバムに未収録だったNirとチルは散るが入らなかったのは不思議。限定シングルだったからってことなのかもしれないけど、配信では普通に買えるんだし入れても問題ないと思う。どちらも音速らしい曲だと思うんだけど、あんまり曲の雰囲気が偏るのもよくないってことなんだろうか。このベストをきっかけに過去のアルバムをチェックする人はどうかこの2曲を忘れないでほしい。本当に忘れられそうで辛い。
とはいえアルバムとしては気に入っているので普通にヘビロテして聴いてる。
 

2019年8月28日「『HEREのワンマンで愛と勇気にハロー!!』Supported by 新宿BLAZE」

2019年8月28日(水)
新宿BLAZE
出演:HERE
 
HEREのワンマンに行ってきた。時期的に台風が心配だったけど大丈夫だった、でもやっぱり雨は降るw
 
行けるか微妙だけどとりあえずリキッドルームで手売りチケットを買ってあった。日程が近づくにつれて行かない(行けない)とかありえなくないか?という気持ちが強まって会社を早上がりすることに。
開場時間には間に合わなかったけど、開演には充分間に合う時間に着くことができた。
 
f:id:mccice:20190913004445j:image
 
グッズ詰め合わせの福袋はもう完売になっているだろうと思っていたらまだ売っていた。買おうか迷ったけど、なぜかこの日1万円くらいしか持っていなくて、この日から発売のLESSON復刻CD2枚と値下げされていた旧作のDVD買ったら買えなくなると思って躊躇してしまった。
正確には福袋の金額には足りるんだけど、ライブ中にツアー東京ファイナルが発表されて終演から手売り発売の可能性を考えると、手元に4,000円くらいは持っておきたかったんだ…。でも今回手売りはなかったから普通に福袋買えばよかったんじゃね?アホだね!って話です。
 
ブレイズは初めてだったんだけど、中は比較的横長の作りで柱があったり変形じゃないからどこからでも普通に見やすそう。
意外とちょい後ろを好む人が多いのか、遅れて入った割にはステージの近くのポジションが取れた。
 
客入れのSEはアルバムのOH YEAHがリピートで流れていたと思う。
 
セトリはロックスターのツイートから。
 
ロックスター入場
死ぬくらい大好き愛してるバカみたい
この世界よりこんにちは
Walk This Way 
はっきよい
 
登場SEが久々のロックスター入場、そのまま死ぬくらい〜、『悲しみ以上、絶望未満。』を挟まないでこの世界〜の流れが良すぎて、この時点で今日のライブ最高だ…という気持ちになっていた。
 
MC
回帰「今日楽しみにしてたんだけど、始まったから終わっちゃうんだよね」
SE鳴ったときから寂しくなっちゃった、と言うロックスター。それどっちかというと演者側よりファンが思うやつだと思うよ…かわいいなw
 
予告通り当日券で入った人いますか?との呼びかけに手を挙げた人に「サンキュー!」と言ってたけど、本当に1人しかいなかったのかな?HEREのファンはシャイな人が多そうだから挙げなかった人がいそう。
 
HELLO
お元気で。
VS相思相愛ダイアログ
 
MC
前の週に行った路上弾き叫びについて。新宿南口、下北沢、代々木公園でやったんだけど、やっぱり注意されるね、と。「CD買って来てくれた人にサインしますって言って並んでもらってサインしてたら最後おまわりさんも並んでてw 住所なんかも書いちゃったりして」w
代々木公園は『大道芸の資格があればやっていいですよ』と言われたが、今年はもう締め切りなのだそう。
回帰「でも普通のフォークとかは通りにくいらしいね」
「漫談とかやって、それは大道芸じゃないか芸人か」w
 
 
スーパーポジティブ
We Are ROCKSTAR
 
シンセのSEが流れる中、「死ぬくらいよりも激しい(?)ラブソング聴きたいですか⁉︎」みたいな煽りが来て、何やるんだろうと思いながらゆるーくイェーイって言ってたらこの曲が来てわぁぁーってなった。
アモーレアモーレ
 
アモーレアモーレの曲振りって今まで語りみたいなのをやってたからこの入りは予想できなかったし、最近聴けてなくてめちゃくちゃ聴きたかった曲だから本当に高まった。
 
間奏では恒例の神輿でフロアに降りる回帰さん。
一方で三橋さんは上手にやってきて、武田さんがギターを三橋さんに渡して弾かせる、武田さんは三橋さんが肩に掛けているままの三橋さんのギターを弾く、という謎の絡まりプレイをしていた。こんなことしてるの初めて見たんですけど…何やってたんだ。ツインギターにくっつかれたら回帰さんよりもこっちを見ちゃうよねー。
回帰さんはスティックを持たずにタムを素手で叩いていた。
 
MC
メンバー紹介
回帰「ハジメタルは当日のスケジュールは合ったんだけど、リハのスケジュールが合わなかった*1
今日観に来てる、とのことで一番後ろのスペースにいるのを確認されて、関係者ぶってる、とかいじられてたw
音は提供してもらった、とのことでアモーレの始まる前の音とかだと思う。
 
バンドを辞めてしまったからあまり告知もないかな?と思いきや、来月くらいからみかんを売ります!という告知w
 
開演が少し押したのはベースの音が出なかったらしい。
 
ユージ
尾形さんが(アモーレで叩くための)ドラムのスティックを忘れたんですよ、と。
回帰さんがユージさんのところから持って行こうとしたらしいけど、自分は4本しか持ってきてないから死守した、と言っていた。
4本しかないってだいぶ少なくない?と回帰さん。
あとはレコードとライブの告知。
 
三橋
LADY BABYの告知。今日はメンバーも来てくれている。
回帰「鼻水出てるよ」w
三橋さんは汗だと否定していたけど、回帰さんは自分のタオルを持ってきて拭いてあげてたw
 
武田
「考えたんだけど何も出てこなくて…何か話振ってくれたら話す」
回帰「この前サウナで…」
武田「それはダメ!」w
自分が話を振ってほしいと言ったのに必死に抵抗する武田さん。
でも結局サウナの話題に。
武田さんは最近サウナが好きになって、前からサウナ好きだった回帰さんとよくサウナの話をする。久々の共通の趣味だと。
回帰「武田は約束は守るんだけど」
みんなでサウナに行こう、とスケジュールを決めたのにドタキャンした。
武田「それは…本当に申し訳ない」
回帰「9mmで活躍してる武田さん来ないの?ってなるじゃん*2」w
 
武田さんガチへこみしててかわいかった…。
 
 
エイエイオーッ!!
ロックのススメ
ギラギラBODY&SOUL 
回帰さんが、さっきしゃべりすぎちゃったから武田さんのチューニング終わったらすぐ行きたい、と言うとユージさんが曲を始めるふりをして武田さんが焦った様子に。
回帰「今日助け合いで行こうって言ったじゃん」w
 
CHAOTIC SYMPATHY
感情超常現象
 
この2曲連続はやばい。
 
MC
物販の紹介だけさせて、と言って、この日から発売のLESSONシリーズについて。1と2は当時もすぐ廃盤して売らなかったそう。
今回既存シングルとDVDも値下げになっている。でも1番買ってほしいのは最新シングルのHELLO。
 
ツアーファイナルはO-Crestだという発表。今回手売りはなくて先行抽選で、先行で買ってくれた人には新曲のCDを配布する。
回帰「『俺をはじめよう』をバンドでレコーディングします、まだメンバーにも言ってなかったんだけど」w
 
Fantastic!!(生演奏)
HIGH TENSION DAYS
チャンチャンチャンスDEダンダンダンス
己STAND UP
 
Fantastic!!がSEではなく生演奏だったのが新鮮!
己〜で最近は回帰さんにジャイアントスイングされるのがおなじみだったけど、今回は自分で回る三橋さん。
ロックスターは「俺らの人生雨天決行〜」の部分で「いつも雨ばっかり降りやがってー!」って叫んでた。
 
MC
家帰ったらビール飲んでるおじさんでスーパーネガティブになることもあるけど
みんなの顔思い出して頑張ってます。
ツアーもあるからまた一緒に楽しい時間を作りましょう。
みたいな内容の長めで真面目な話。ロックスターはたまにいい話するのずるいよね。
 
LET’S GO CRAZY
 
アンコールはなしで終演。
 
新しい衣装がカッコよかった!シリアス曲で赤い照明という場面が結構あったんだけど、今の衣装に似合っていてよかった。
 
アルバムのレコ発じゃないからセトリの自由度が高くて何が来るかわからない感じがすごく楽しかった。いきなり死ぬくらい〜から始まったり、アモーレの入り方だったりもここ最近の流れを裏切るパターンでおもしろかった。
なんとなくOH YEAHの曲が多めなのかと予想していたけど全然そんなことはなく各年代の名曲、人気曲の入ったセトリ。聴く機会の少ないシングルのカップリングもたくさんやってくれた。VS相思相愛〜はもっと頻繁にやってくれていいよ?
 
ハジメタルさんとIN-pishがいなくて風船の演出なんかもなくて、大箱のHEREワンマンとしてはかなりシンプルな演出のライブだったと思う。でも選曲と演奏の良さだけでちゃんといいライブだったと思えるのすごいよ。
 
f:id:mccice:20190913014841j:image
 
f:id:mccice:20190913004224j:image
ドリンクでおすすめされてたブルーソーダとかいうカクテルを飲んだら舌が青くなりました。
 
f:id:mccice:20190913004313j:image
f:id:mccice:20190913004316j:image
ブレイズの壁HEREの知り合いのポスター貼られすぎ問題。
 
f:id:mccice:20190913004418j:image
 
帰りは全然雨降ってなくて爽やかな気持ちで帰れた。
 
 
ちなみにこれから始まるツアーは日程が合わなくて全然行けそうもないなーと思っていたのに、なぜか先行に滑り込みで応募してしまい当然のように当選してしまいました。仕事どうするんだろうね?代わってもらえるかなー。やっぱりワンマンは行きたい。
 

*1:LADY BABYもあったし、mezcolanzaのレコーディングもやってたからTwitter見てる限りでも忙しそうだった

*2:そんな武田ファンの集まりみたいなメンバーだったんだろうかw その日のメンツが気になる

2019年8月20日「尾形回帰ゲリラ弾き叫び」

2019年8月20日(火)
新宿駅南口路上某所
出演:尾形回帰
 
ライブタイトルなんてないしわざわざ「出演」って書くのも変なんだけど、いつものようにライブを観た記録ということで。
 
本当はワンマン前に上げたかったのにできなかった、ごめんなさい。
 
あとライブとは関係ないけどはてなブログのスターって消えることある?通知は来てるのに消えてしまったものがあるんだけどなんでなんだろう。付けた本人が取り消したんならそれはそれでかまわないんだけど、そもそもスターって取り消せるのかな?バグ的なものなのかな、なんかもやっとする。
 
 
ロックスターから急遽告知があった路上でのライブに行ってきた。リリース週にイベントがなかったから何かやろうっていうのとワンマンの手売りもしたいということだったみたい。どの程度の曲数が聴けるかわからなかったし一瞬迷ったけど、時間があるから行ってみた。
 
少し早めに新宿駅に着いて、タワレコで新譜を購入した。すでにタワレコオンラインで予約してあって翌日以降に届く予定だったんだけど、サインしてもらえるということだったからもう1枚買ってしまった。
 
f:id:mccice:20190903160534j:image
f:id:mccice:20190903160541j:image
f:id:mccice:20190903160537j:image
結構目立つところに展開してあった。ありがたい。
 
南口に回ってふらふら歩いていたらちょうど来たところの回帰さんを見つけた。すぐに20人くらいは集まっていたと思う。
 
f:id:mccice:20190903160754j:image
 
HELLO
死ぬくらい大好き愛してるバカみたい
STANDARD LOVERS
優しく僕等を侵食してる
LET’S GO CRAZY
ロックスターに会いに行こう
はっきよい
 
やっぱり優しく僕等を〜がめちゃくちゃ好きだー。
 
f:id:mccice:20190903161236j:image
 
完全生声の弾き叫び。1曲ごとに曲の説明とかの短いMCを挟みながらたくさん演奏してくれた。
隣で演奏しているアーティストがHYとかの有名な邦楽カバーのキーボード弾き語りで、「俺と全然芸風が違う」とか「電子楽器には負けない」とか対抗意識を燃やしてたw
 
一旦ライブを終わりにしてCDを持っている人へのサインタイム。
「しばらくここにいるから今からでもCD買いに行って」w
お客さんのサインをしているとおまわりさんが来て流れでおまわりさんにもサインw
 
とりあえず移動しようということになり、道路渡った反対側に移動。
 
f:id:mccice:20190903161417j:image
 
チャンチャンチャンスDEダンダンダンス
この世界よりこんにちは
 
この世界〜の1番が終わったところでおまわりさんが来て強制終了。好きな曲だから残念だったけど仕方ない。
予想よりもずっとたくさん聴けて楽しかった!
 
f:id:mccice:20190903161459j:image

2019年8月14日「Laguna 11th Anniversary Special “真夏の弾き叫び独演会2019”」

2019年8月14日(水)
下北沢Laguna
出演:尾形回帰  (ゲスト)武田将幸/三橋隼人
 
夏と冬恒例の弾き叫び独演会に行ってきた。前回の冬のライブは体調が悪くて行けなかったから私にとってはちょっと久しぶりの独演会ということになるのかな?
今回は番号が1桁だったからラグーナで初めての最前に座ってみた。
 
弾き叫びは昔の衣装を着てくることが多いけど、この日は蛸足柄の新衣装。
 
セトリはロックスターのツイートから、MCは大体で読んでください。
 
LET’S GO CRAZY
正義ハイテンション
 
正義ハイテンションがやっと聴けた!!過去のブログ記事を検索する限り2017年2月のリキッドルームのフリーワンマン以来聴いたみたい。そしてたぶんだけど、私が行ってないライブではちょいちょいやってたというわけでもないと思うんだよね。もはや存在を忘れられている曲なんじゃないかと思っていたので、やってくれてうれしかった。
 
俺をはじめよう
ヒデさんとの百人組手のときに作った曲。バンドでも形にしたいと言っていた。
 
MC
Twitterでもした話題だけど、エアコンのリモコンがなくなった、と。見つからなくてメルカリで買ったのにまたなくしたらしいw
回帰「俺の部屋が汚いみたいに思うかもしれないけど、そんなことないんだよ」
前に無くしたのもあるから部屋の中に3個あるはずだと。
回帰「どっか異次元に行っちゃったんだろうね」
なんだそれw
 
この世界よりこんにちは
愛し合ったまんま
 
MC
前は喉だけで歌ってたけど、最近は身体全体を使う歌い方に変わったから喉への負担は減ったけど身体への疲労は大きくなるという話。聴いている側からすると前より深い声が出てると思う。
 
高校の軽音楽部に作曲の講師として行ってきたという話。
1回目は講義で、曲の作り方を教えた。コードから作るやり方、メロディから作るやり方、ギターリフからセッションして作るやり方の大きく3パターンがあるよ、と説明した。
2回目は発表会。1年生と2年生で全15バンドいる。俺の学校では帰宅部が軽音楽部みたいな感じだったんだけど*1、その学校はちゃんとした部活なんだよね、と言ってた。私の高校の軽音楽部も部室はあるけど顧問は名前だけで各バンドが好き勝手に活動してるイメージだったなー。
自分の気持ち的にはまだ若いのですぐに生徒との距離を縮められると思っていたけどなかなか縮まらない。そもそも顧問の先生が10歳くらい歳下だったとw
回帰「そりゃ不審者だよね」w
 
キー上げてるからみんなも歌って、と。
エイエイオー
 
ここでゲストの武田さん登場。回帰さんとお揃い、ではなくていちごの衣装だった。HEREでは珍しくSG。
 
ロッキンどうだった?という話題。
回帰さんから、いつか9mmとエビ中が同じ日になることがあるかもと思っていたけど、時間が丸被りだったね、と。
回帰「瀧上さんが『ざまあみろ』って言ってた*2」w
(エビ中の)校長と挨拶した、という武田さんにどんな話をしたのか回帰さんが掘り下げようとすると言わない武田さん。
回帰「言えないような話をしたの?」w
別に普通の話でわざわざ話すようなことじゃないということみたい。
 
「ロッキン行かないんですか?」といろんな人にきかれたが、今年は行かなかったという回帰さん。
バックドロップとか打首とか仲間のバンドがたくさん出てて、バックヤードに行くと『今日HEREも出てたんだ!』と言われてしまう。向こうは悪気はないんだけど悔しいから今年は行かなかった、とのこと。
HEREも出たい、という流れになり
回帰「お願いします」
武田「俺に言われても」w
「みんなに」って言ってたけど、うちらにもそんな権限ないわw まあでもHEREをフェスに呼んでくれ!というファンの声が運営に届けば呼ばれることもあるのかもしれないか。
 
台風が近づいてるけどライジングサンどうなるんだろうね、という話もしていた。後日結局9mmの出る日は中止になってしまったのよね、残念。
 
愛のドッジボールwith武田
 
回帰「久々にタッピング弾いたね」
武田さんがライジングのためにギターを先に持っていっているため今日はSGなのだと言ってた。HEREでいつも聴いてるギターと全然音が違うなーと思って聴いてた(それともエフェクターの問題なんだろうか)。
 
愛がこびりついてる
此処にあることを確かめるの
 
HELLO
優しく僕等を侵食してる
 
優しく僕等を〜は初披露かな?Twitterに上げてた試聴でしか聴いてなかったからフルでは初めて聴いたけど、めちゃくちゃ好み。
 
インビシで武田が全然ギター入れないから完成しない曲があった、という話をしていると
武田「悪口言うなよ」
後ろから顔だけ出して不服そうにする武田さんかわいいw
 
完売しているデモCDのLESSONシリーズを再プレスするか、という話になっている。
ここで武田さんを再び呼び、できそうなんでしょ?ときく。
CDのメーカーの会社が
武田「お盆だから問い合わせの回答が遅い」
LESSONは1から7まであるけど1枚の曲数は多くないので、まとめて2枚くらいにできるかな、と。
回帰「ワンツースリーとよんごーろくを」
武田「ん?(最初英語なのに途中から日本語になったな)」w
 
初期の頃の曲を聴かれるのは恥ずかしいという気持ちも大きいそうで、「聴いてほしい気持ちと聴いてほしくない気持ち」と言っていた。
 
今度は三橋さん登場。こちらもいちご衣装。ギターはアコースティック。
 
最近痩せたのだがその方法は焼酎ダイエットだという回帰さん。
回帰「ビールを最初か最後の1杯だけにして、あとは焼酎にしたら痩せた」
三橋「酒呑みの発想ですよね」w
 
三橋「ライブの前日は飲まないようにするって言ってませんでした?(ちょっとイジワルな感じのツッコミ)」
回帰「あれはユージと飲まないってこと」
ユージさんは『ロックスターそんなもんですか⁉︎』と煽ってくるから飲みすぎてしまうらしい。
 
CHAOTIC SYMPATHY with三橋
 
ほったらかし
 
サビで急に高音になるところがちょい裏声きつそう…。
 
ロックスターに会いに行こう
早く大人になって
 
ここでルーパー使用。最前で見てたからルーパーが置いてあるのは見えてたから、いつ使うのかなーと思ってた。ちょっとテンポ速かったのかな?サビ前の早口のところがすごい大変そうだった。
 
来月のインビシのワンマンでは来てくれた人の名前をCDにクレジットする。
前回のライブアルバムでもやった。遠藤ミチロウスターリンというバンドがやっててカッコいいからマネしたのだそう。
凛として時雨とメンバーやベッド・インのちゃんまいの本名が載ってるからおもしろいんだよね、みんなは見てもわからないだろうけど、と。
 
武田さん三橋さんが再登場。リリイベの話題に。
最新シングルのリリイベはタワーレコード川崎店でのインストアイベントの1回のみ。
◯✖️クイズをやるのだが、どの程度の難易度にするべきか悩むということで、今予行練習をしよう、と。その場で手で◯✖️を出してやってみることになった。4問くらいやったんだけど、実際にタワ崎のイベントで同じ問題をやるかもしれない、と言っていたから一応ここでは伏せておく。勘で当てた問題もあったけど、全問正解した。
 
 
チャンチャンチャンスDEダンダンダンス with HERE
 
ラストはツインギターの2人ははけてロックスター1人で。
 
STANDARD LOVERS
 
1番終わりで突然「立って」と呼びかけがあって、みんなでコールアンドレスポンスをしておしまい。
 
 
今回も楽しかった!次回の百人組手も発表されたんだけど、ちょっと日程的に微妙かな…。
とりあえずそんなことより今日がワンマンなので楽しんできます!
 
f:id:mccice:20190828020655j:image
 
投げ銭で買ってきたニーチェちゃん缶バッジ。かわいい。
f:id:mccice:20190828020820j:image
 

*1:たぶん田舎の学校だし軽音楽部自体がなかったのかな?前に友達の家の納屋で練習してたって言ってた気がするし

*2:流れ星の単独ライブ行ったときに話したのかな?

2019年8月8日「幼児・小学生・戦隊ファン向け夏休み企画 ももたろう」

2019年8月8日(木)
 
石田さん企画、主演のももたろうの東京千秋楽に行ってきた。去年もやってたし、今年も何度か行くチャンスがあったんだけど1度も行ってなくて、最終日にギリギリ滑り込みで観た、というのが正直なところ。だって新宿で朝の10時半開演って休みの日に行くには早いんだもん…(休みの日はゆっくり起きる派)
 
前説はバイク川崎バイク。声出しや振り付けの練習。
 
ストーリーは昔話のももたろうをベースにしていて大まかな話の流れは同じ。大きく違うのは鬼たちにお華(峯岸みなみ)がさらわれるのと、いぬさるきじが変身するところくらいかな。
 
鬼たちは短いネタを披露する時間があって、ウエスPのテーブルクロス引きが失敗からやり直して成功というくだりもあって盛り上がった。
 
みんなでダンスをするところは、芸歴10年超えベテランアイドルの峯岸みなみちゃんがめちゃかわいくってたくさん見ちゃった。
 
あとは予想以上に殺陣のシーンが長かった。石田さんが劇中で、俺のすごい殺陣を見せたくてこの2人(久保田さん大石さん)呼んでるって言ってたw
基本的には子どものために考えて作ってるんだろうけど、この場面に関しては自分のやりたいこと優先になってる感じがよいw たぶんちびっ子的にはキビレンジャーの戦ってるシーンのほうが楽しいよね?
五明さんの青鬼はあの体格がいい。圧倒的に大きいからそれだけで強そうだもん。対して赤鬼は小柄で俊敏なキャラで、ずっとあの人は誰なんだろうと思いながら観てた。あとから名前見たらしいはしジャスタウェイだった。知ってるのに見てるとき気付かなくてごめんなさいw
キビレンジャーはさるときじは違う人が演じてる(きじは体型が変わりすぎてツッコミが入るw)んだけど、いぬだけは小澤亮太さんがそのまま演じて最後にヘルメットを外して顔を出すところがカッコいい。
 
村人A(だっけ?)として登場したときの久保田さんが声を張りまくってて、石田さんが「こんな本格的な芝居するとこじゃないから」みたいなツッコミを入れてた。でも後ろのほうで観てた立場からするとあのくらい声を張っててもらったほうが聴きやすくてよかった。 
どうしても子どもがたくさんいると大人が観劇しているときのように静かな空間にはならないから、大きめの声でやってくれるとありがたい。終始サワサワしてた*1から集中してない子が多いのかなーと思ったけど、「みんなでキビレンジャーを呼ぼう!」みたいなときは大きな声が出てたからちゃんと見てた子が多かったんだと思う。
 
f:id:mccice:20190825231243j:image
f:id:mccice:20190825231240j:image
 
子どもがいないただの独身オタクなのでとりあえず1回観れて満足した。自分に子どもがいて楽しんでくれたら何度も連れて行きたくなっちゃうのかもしれない。
1時間に満たない上演時間や授乳スペース、子どもが床で遊べるスペースがあったり、いろいろ考えて工夫して作ってるイベントだと思う。自分が昔から応援してる人が企画してることを誇りに思う。
それと同時に自分はこうやって出産子育てと関わりのない人生を歩んで死んでいくんだろうかって考えると悲しくなるね。なんか最後暗い感想になっちゃった☆ ぜひ来年以降も続けてたくさんの親子に観てもらえることを願うばかりです。
 
f:id:mccice:20190825231346j:image
お布施に買ったパンフレットと入場時にランダム(?)で配布してたカード。
 
この後の通常公演でノンスタの出番があったからチケット取っておけばよかったな、と軽く後悔した。夏休みだからなのか完売してた。もし来年も行くならば事前に確認しておきたい。
 

*1:ザワザワというほどのボリュームではないのでこの擬音になっています

2019年7月25日「シベリア少女鉄道vol.31 『ココニイルアンドレスポンス』」

2019年7月25日(木)
新宿THEATER BRATS
 
シベリア少女鉄道の公演に行ってきた。毎回公演を楽しみにしている劇団。
 
いつもは赤坂なんだけど、今回は新宿のシアターブラッツ。名前はよくきくけど行くのは初めてだった。
なんか普通に検索すると新宿駅からの行き方があんまり出てこなくて不安になるんだけど、靖国通りをひたすらまっすぐ歩くとちゃんと着いた。
 
今回のキャストは浅見紘至さん、加藤雅人さん、小関えりかちゃん、川井檸檬さんの4人だけという少数精鋭チーム。
私は少人数で台詞の応酬が詰まったようなお芝居が好きだから、事前に絶対好きなやつだ!と思ってハードルを上げてしまった。それがいけなかったんだな…
 
以下ネタバレ感想。
 
シベ少のわりにはかなりしっかりと作られたセット。おしゃれな飲食店の店内。レストランというよりはダイニングバーみたいな感じ?わかんないけど。奥にバーカウンターがあって手前にはテーブルと椅子、上手には楽器がある。
 
最初は一人芝居が4本続く。
 
高校時代の同級生の売れっ子バンドマンと電話する加藤さん
 
街で有名人に突然話掛けられる川井さん
 
自宅に押し入った強盗が中学の同級生だった小関ちゃん
 
自宅を訪れた先輩から連れを隠す浅見さん
 
カタギぽくない関西弁の浅見さんが新鮮でちょっとキュンとした。まあよく考えるとキュンとするようなキャラではないんだけど、浅見さんのファンだからね。
 
一周するとキャストが全員出演する後半パートが始まる。学生時代にお世話になった教授が亡くなったという連絡を受けて久々に集まった4人。
 
前半の一人ずつの芝居のところからそうだけど、実際には役者がいないけどいるテイで話が進められる登場人物が出てくる。そしてこの後半パートはだんだんとその人数が増えていく。
 
大人数でパーティを楽しむ中、突然外で大規模な災害か事件か事故か何かが起きて…というストーリー。
 
ただシベ少的にはストーリー展開はそこまで重要じゃなくて、今回の仕掛けは見えない登場人物がたくさんいる、ってところ。
 
見えない登場人物同士が喋っているところをただうなずきながらきいているだけの4人がシュール。
あと見えない登場人物2人が喧嘩している描写をひたすら台詞で説明するところとか考えた人アホだと思う。これが告知の文章に載ってた「パワフル実況くそ演劇」か、と妙に納得してしまった。
 
さらに後半になると登場人物の年齢、性別といった設定がこちらが想像していたものとは全く違うものだったことが明かされていって、そこでまた笑いが起きる感じ。今回も文章で説明するのが無理すぎて観てない人には全然伝わらないだろうなw
 
個人的な感想としては、理解できなかったわけでも楽しめなかったわけでもないけど、期待を超えられなかった。
 
土屋さんの「シベリア少女鉄道史上最少の座組で作り上げた、隙間のないギュッとした空間をお楽しみください」というコメントは完全にフリだったんだけど、わりと文面をそのまま受け取って期待していたのでちょっと拍子抜けしてしまった。これは完全に私が悪いから土屋さんもキャストの皆さんも何も悪くない。検索すると結構評判もよかったみたいだし、今ひとつだと思ったのは私だけかもしれない。
あと私は言葉遊び的なものが好きで、君がくれたラブストーリーとか、前作のいつかそのアレを〜の終盤とかがめちゃくちゃ好きなんだけど、ああいう台詞がダブルミーニングになっているものとかが今回はあまりなかったのが自分的に今ひとつだった要因かな。
 
ただシベ少のやっていることというのは基本的には好きなのでまた次回公演も行くと思う。
あとシベ少ではないけど、またいつかシアターシュリンプとかまた来てマチ子みたいな真っ当なワンシチュエーションコメディも観たいなー。
 
f:id:mccice:20190821234214j:image

2019年7月23日「CLUB Que 夏ノ陣 2019 RETURN TO NATURAL」

2019年7月23日(火)
CLUB Que
出演:HERE/ベッド・イン
 
HEREとベッド・インの3度目の対バン(だよね?)。初対バンのときはベッド・インは途中からしか見れてないから微妙だけど、一応今のところ皆勤賞だと思う。自分の中では日程的に行けるHEREのライブは全部行くようにしているから対バンがどんなバンドかは行くかどうかの判断に関係ないんだけど、好みのバンドだとやっぱりテンション上がる。
 
地下で電波入らなくて最初時間を持て余してたけど、ここWi-Fiあるのね。助かる。
 
HERE
 
蛸足の新衣装。
 
Fantastic!!
チャンチャンチャンスDEダンダンダンス
己STAND UP
土壇場READY GO
 
回帰「今まではHEREのイベントに出てもらってHEREがトリという形だったから今日はあえてベッド・インに後の出番をやってもらいます」
 
この世界よりこんにちは
HELLO
 
新曲のHELLOはもうライブで何度か聴いてて聴き慣れてきた感じがある。前の記事で特に感想書いてなかったけど、結構好き。タイトルから想像したよりもテンションは高くなくてメロディがキレイ。
 
MC
今日はサポートメンバーが変則的になっていて、ベースはインビシの西井さん、ドラムは→SCHOOL←のマーシーさん。
 
回帰「今日新しい衣装なんだけど、間違い探しあるんだけどわかります?」
 
回帰さんがサポートメンバー分の衣装を持ってくる係で、マーシーの衣装を忘れないようにということばかり気にしていたらしい。本番直前になり、西井さんに「俺の衣装は?」ときかれて初めて西井さんの分のシャツを忘れたことに気がついたと。
回帰「(西井さんは)幼なじみだからどうでもいいんですよ」w
 
どうやって対処するか考えた結果、ボーカルだけ違う衣装の方が不自然じゃないということで回帰さんはジャケットの下に私服のTシャツを着ていた。
回帰さんのシャツを西井さんが着ているが、
西井「始まる前にストレッチしたらビリっていった」
回帰「ギャラから引いておきます」w
 
ヘッチャラ
スーパーポジティブ
 
MC
告知タイム。
ベッド・インのファンはHEREのワンマンのチケット、HEREのファンは弾き叫びのチケットを買ってください、という半ば押し売りのようなMC。
 
ギラギラBODY&SOUL
LET’S GO CRAZY
はっきよい
 
LET’S GO〜の2番で武田さんと三橋さんが向かい合って弾くのはおなじみの光景なんだけど、この日は武田さんと三橋さんが向かい合ったあと逆サイドに行って、少しの間武田さんと西井さんが隣で弾いてた。
インビシだと見られない光景だから見れてよかったー!
あとサポートドラムのマーシーさんは何の違和感もなくHEREの演奏を支えてくれる叩き方だったと思う。あと見た目が爽やかw 上手いけど個性の主張が激しいユージさんとは全然違う。私はマーシーさんのドラム好きだった。
 
 
 
ベッド・イン
 
withパートタイムラバーズでの登場。
 
男はアイツだけじゃない
♂×♀×ポーカーゲーム
 
Summer Dream
嵐の素顔(工藤静香カバー)
 
MC
HEREとは深い付き合いだという話題から、ちゃんまいはHEREの初ライブ見てる、という発言。インビシを追いかけてたというのは知ってたけど、これは初めての情報では?
 
はっきよい(HEREカバー)
劇場の恋
GOLDの快感
 
北浦和に続き今回もHEREカバーをやってくれた。全然ダメな演奏じゃないはずなのに音が薄く感じたのはいつもHEREの演奏が上手いからなんだろうか。でもこうやって1回のライブのためにカバーを用意してくれるってすごいと思う。HEREへの愛を感じる。2番では回帰さん登場。
 
恒例のお着替えタイムでカーテンを持ってきたのはツインギターの2人。
今の気持ちをきかれるツインギター
三橋「クンピ色な気分です」
武田「クンピ色で楽しいです」
武田さん言葉では楽しいって言ってるけど、完全になんて言っていいかわからずに三橋さんのコメントをパクってるし、恥ずかしいと気まずいという感情のほうが上回ってたと思うw 武田さんは意外と下ネタ耐性がないというか、リアクションに困ってることが多い気がする。三橋さんは楽しそうにしてた。
 
??(曲名わからず)
C調び〜なす!
 
ベッド・インのライブは写真撮影OKだから撮ってみたけど、ちょっと後ろのほうで観てたから上手く撮れなかった。Twitterに流すほどではないから上げなかったけど、ここに載せておく。
f:id:mccice:20190817215028j:image
f:id:mccice:20190817215015j:image
f:id:mccice:20190817215025j:image
 
曲も大体わかるしノリ方もわかってきたというのもあるけど、楽しかった。ちゃんと歌が上手いのに盛り上げるのも上手くてすごいなーと思う。
 
 
アンコール
 
回帰さんとベッド・インが出てきてバブルメイク講座。
ネコフェスでアルカラ疋田さんがやってもらっていた*1のを見て自分もやってほしいと思ったらしい。
 
頰の影は安全地帯の玉置浩二風だそう。回帰さん的には頰だけでよかったみたいだけど、ベッド・インに太めのアイラインも書かれてて、鏡を見て
回帰「アイラインこんななの⁉︎」w
 
f:id:mccice:20190817215147j:image
f:id:mccice:20190817215153j:image
f:id:mccice:20190817215158j:image
 
前回北浦和のときの打ち上げの話題。
回帰「ちゃんまいにたくさんお酒飲ませたらどうなるのかなって思ったんだけど、熱い話してたねw 『バンドとは、ロックとは』ってw」w
 
回帰「バブル用語辞典作って物販で売ったら売れるんじゃない?」
 
せっかくバブルメイクしたんだから1曲やりましょう、とのことで武田さんと三橋さんも出てきて一緒に演奏。
 
目を閉じておいでよ(バービーボーイズカバー)
 
f:id:mccice:20190817215350j:image
f:id:mccice:20190817215354j:image
武田さんがちゃんまいと一緒に弾くからとSGだったのがよい。写真だとわかりづらいね…。
 
バービーボーイズは世代的にあんまり知らなくて鬼奴&RGのモノマネのほうを思い浮かべてしまう人間です、すみません。でもそのおかげで知ってる曲だったしカッコよかった。
 
ずっと楽しいライブだった!相性の良い対バンだからまた一緒にやってほしい。
 
f:id:mccice:20190817215538j:image

*1:そしてそのメイクのままHEREのサポートで叩いた