主にライブのメモとか。

お笑いライブや音楽ライブのレポと感想を中心に。いいブログタイトルが思いつかない。

2022年6月10日「爆笑問題withタイタンシネマライブ

2022年6月10日(金)
TOHOシネマズ川崎
 
2月以来2度目のタイタンシネマライブ。前回は祝日で開演が早かったので、通常の時間で見るのは初めてだった。
 
本編が始まる前にキュウの単独の告知で本人達からのコメント。単独行ってみたいなー。
 
出番順間違ってたらごめんなさい。ネタのタイトルは勝手につけてます。
 
ダニエルズ 
コント:YouTuber
テレビで何本か見たことあるコンビだけど、あさひさんが男性役のコントは初めて見た。そうだとしてそんなことする?ってオチだったのでうーん…って感じ。
 
漫才:借金取りから逃げる
本編より導入のほうがおもしろかったような。タイタンではめずらしく(?)コントに入るタイプの漫才。
 
シティホテル3号室
コント:週刊誌へのたれ込み
設定からおもしろかった。ちょっと緊張感ある導入から、いい人だけどダセェみたいなキャラクターがかわいい。
 
コント:ナタデココ
このタイトルだけ本人がTwitterで書いてたやつ。ナタデココの女子高生が大学受験するという相変わらずどういう発想なのか謎なコントだったけど、ちゃんとストーリーがあったから見やすかったかも?
 
キュウ
漫才:全然違うもの
ぴろさんが全然違うものを2つ挙げていくという内容。清水さんのツッコミがすごく機械的で相変わらずシステマティックなネタ。
 
まんじゅう大帝国
漫才:物の呼び名
こんなタイトルでいいんだろうか。ほのぼのした雰囲気を出しつつおもしろいんだけど、田中さんのスーツのズボンがめちゃくちゃシワシワですごく気になっちゃった…。
 
コント:地下アイドルとファン
男性地下アイドルと常連女性ファンのライブ中のやりとり。前半は誇張が激しいもののあるあるっぽいネタだったのに後半ファンタジーになってびっくりしたw
 
漫才:あるなしクイズ
前回見たときと構造は一緒だけど、クイズの中身(ディスりの中身)が違う。途中井口さんが「ああっ!」しか言わなくなって河本さんが素で笑ってたし、私もめちゃくちゃ笑ってしまった。ファンだとは言いづらい芸風のコンビだけどやっぱりおもしろい。量産できるフォーマットだと思うし今年はこのパターンでいろいろ試していくのかな。
 
漫才:W野沢雅子
野沢雅子の漫才久しぶりに見るかもーと思ってたら2人とも野沢雅子で登場。若干ざわつく客席。見浦さんの甘いモノマネに田島さんがツッコミつつ2人とも野沢雅子で会話していく。テェテンレェブ(タイタンライブ)w
 
Aマッソ
漫才:おかんに怒られた話
村上さんの話に加納さんがツッコむしゃべくり系の漫才。こんなちゃんとした感じのネタやる人たちだっけ?…そんなにたくさん見たことはないんだけど。結構おもしろかったと思う。
 
顔モノマネ
顔モノマネって書いたけど、前半は芸人生活の実話を元にした漫談(?)。谷村新司要素は顔だけだったような…。後半は小道具を駆使して顔モノマネを連発。
 
ハライチ
漫才:桃太郎
岩井さんの話に澤部さんがツッコんでいく、ちゃんとストーリーのある漫才。そういえば漫才のときの澤部さんってあんまり強くツッコまないね。でもその感じがおもしろい。
 
BOOMER &プリンプリン
コント:ホストとデート
2組揃ったのを見たのは初めて。なぜこのおじさんたちは自分たちの年齢に見合ったコントをやらないんだろうw まあ彼らのコントはリアリティなんてどうでもいいからいいんだけど。
 
漫才:選挙特番〜阿武町〜映画トップガン〜学校でのあだ名禁止など
太田さんが再び選挙特番をやることが発表された直後だったので、自らをイジる内容からスタート。爆笑問題の漫才でガッツリ自分たちの話から始まるって珍しいのでは?途中メタネタっぽい感じもあっておもしろかった。
 
エンディングトーク
ゲスト2組ずつ登場。
 
黄色の衣装がアイデンティティと被ってトリオっぽくなる村上さん。
太田さんと村上さんのペロペロちゃんのくだりが始まるが何の着地もないw
アイデンティティの今回のネタは特別バージョンらしい。
 
ダンシング谷村・ハライチ
ダンシング谷村さんは爆笑問題の10ヶ月先輩の同期(?)で60歳。今まで自ら事務所の社長をやっていたが、これからはタレントとしてタイタンに入ってやっていきたいらしいw 光代社長にアピール。ダンシング谷村さんに逐一ツッコむ澤部さんがさすがすぎた。
 
 
今回もおもしろかった。次回も都合がつけば行きたい。
f:id:mccice:20220703211150j:image