読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主にライブのメモとか。

お笑いライブや音楽ライブのレポと感想を中心に。いいブログタイトルが思いつかない。

2016年3月20日「Radioパンサー」

2016年3月20日(日)
出演:パンサー (ゲスト)バイク川崎バイク天竺鼠
 
今回もなんとか行ってこれたRadioパンサー。いつもと同じく当日券で入ったのだけど、この日はお客さんが多くて通路挟んだ一番後ろの席だった。ゲストがそこそこ人気も知名度もありそうな芸人二組だからかな。次の日が祝日で開演も1時間早かったからいつもよりも行きやすかったことのほうが大きいか。
 
第48回
 
向井「びっくりしたー」
立ち見のところの柵に警視庁の垂れ幕が掛かっていたのを自分たちに向けたものかと思ったと。危険ドラッグはやめましょう的なものだった記憶。たまたま無限大ホールで啓発キャンペーンがあった直後だったからだと思う。
向井「今こういうのあるんですね」
菅「芸人みんなクスリやってますからね」
向井「やってないです笑」 
そういうの敏感な時期なんですからやめてください、みたいなことを向井さんが言うと
尾形「…そうだよな…敏感だよな…」
何か違うことに反応する尾形さんw
 
たくさん来てくれてありがたいですねーという話に。ちなみに尾形軍団は前一列しかお客さんいないとかw
 
花粉症
菅「2、3日前から目がかゆくてくしゃみが出るんですけど」
向井「花粉症です笑」
菅「いや俺花粉症じゃないから」w
向井「デビューしたんですよ」
菅「遅いでしょ」
向井「アイドルとかじゃないから」
尾形さんはもともと花粉症だったが粘膜をレーザーで焼いて?この2、3年は大丈夫だった。でもこの数日でまた花粉症になったそう。花粉症対策はワセリンを鼻の中に塗ること。取り出して塗ってみせる尾形さん。大量にグリグリと塗り込み客席から悲鳴w
向井「はみ出てる!」
鼻からはみ出たぶんを顔に塗り広げてまた悲鳴w
尾形「顔にも塗れるし頭にも塗れるから」
 
尾形さんはそもそも一度花粉症が治ったというのは本当なのか。去年も花粉症だったのに気付いてなかっただけではないか。
向井「尾形さん最近すごいバカじゃないですか」
取材で好きな映画を質問されて「サスペンス」と答えた尾形さん。え?そんな話きいたことないけど、と思いながらもいちいちつっこむところでもないので黙ってきいていた向井さん。
向井「『例えば何が好きなんですか?』ってきかれるじゃないですか。」
格好つけてサスペンスと言ってみたもののそれ以上の質問が来るとは想定していなかった尾形さん。
尾形「テッド」ww
コメディーじゃないですかと言う向井さんに、尾形「サスペンスだよ、ぬいぐるみがあんなさー!」w
バカすぎて花粉症にも気付けないのでは。
尾形「遺伝子はバカじゃないから!」
 
インタビューで嘘
インタビューは毎回同じようなことを聞かれがちなので飽きてしまう。
菅「『最近はガーデニングにはまってますね』とか」
そのときは本当にガーデニングが好きな気持ちになって答えているらしい。
そのインタビューを見た関係者からオファーが来てしまう。
菅「マネージャーに、『すいません嘘つきました』って」
 
他にも恋愛系の質問をされたときに、息子がいるんですけどーと答えたりしている。
 向井「菅さんわかんないんですよね、無表情だから」
菅「あ、今の冗談ですよ、とか言わないからね」
 
このあと長めのエピソードトークがあったのだけど、「ここだけの話」と言われたので割愛。
 
ゲスト
バイク川崎バイク天竺鼠が登場。
自己紹介代わりにBKBがギャグをやろうとしてたびたびじゃましてくる川原さん。
 
今回の二組は菅さんの同期というつながり。
 
菅さんとBKBは「りょうちん」と「バイク」と呼びあっている。と言ってすぐ「菅は~」と言ってしまうBKB。
一緒に鍋をしたこともある。
BKB「2、3回くらい飲みにいったよね」
菅「2回」
向井「普通に仲いい、くらいですか」
BKB「いやめちゃくちゃ仲いい」
なぜかBKBのほうが仲いいことを強調したがってたw
 
菅さんと川原さんはお笑いの話や猫の話をする。川原さんは飼っている猫の写真を真顔で見せてくるそうw
向井さん・尾形さんは犬派なので、猫の魅力ってなんですか?と。
猫はツンデレなのがいい。犬はグイグイくるのがちょっと苦手な二人。
川原「犬は尾形みたいな感じ」w
向井「どっちが先輩ですか?」
尾形「俺だよ」w
 
尾形「お前さー、俺のことバカにしてるでしょ」
川原「それはしてますけどー」w
一切否定しないで即答w
 
川原は覚えてないだろうけどー、と尾形さん。同じ楽屋にいたときの話。楽屋のテレビに尾形さんが映っていた。一緒にいた先輩芸人二人はそれを見て笑ってくれたが、川原さんはチラッと見てスマホゲームをしていたとw
 
BKBは尾形さんリスペクト
BKBのスタンスは見ていて楽しいのが理想だから尾形さんの芸風は好きだと。
尾形「顔とか!動きだから!な!」
BKB「(サングラスで)顔は隠れてますけど」
尾形「動きだから、お笑いは!」
ちょっと強気になって川原さんに向かって言う尾形さん。
 
尾形さんにとって川原さん(のようなセンス系の芸風)はコンプレックス。
尾形「俺、お前に出来ないことできるからな!」
 
今日の開演前の話
川原さんが舞台袖にいると、向井さんは「今日お願いしますね」と肩をポンポンとしてくれた。
尾形さんは袖で腕を組んで見ていたらしい。尾形さんの立ち姿を再現する川原さん。「うぇーい、今日よろしくなー」と来てほしかったのに格好つけて立っていただけだったのが不満だと言うw
尾形「俺先輩だぞ、なんでお前に『今日よろしくなー!』ってやんなきゃいけないんだよ」w
 
尾形さんは相方に似ているから相方を見てるような気持ちになってしまうのかもと川原さん。
向井「(瀬下さんに)そんなイメージないですけど、どっしりしたツッコミのイメージですけど」
飲み会で先輩に「ビール注ぎます!」と言ってるのにタバコ持ったままで逆に失礼になったりとか。
川原さんいわく周りが見えなくなる、まっすぐなタイプ。
 
自分は人見知りなのだという川原さん。無理して自分からは話しかけに行かないけど、相手から来てくれたらうれしい、みたいなことを言っていた。気持ちはすごくわかる。

全然知られていない超若手の頃、当時baseのトップ組だった千鳥の大悟さんを舞台上でいきなりはたいた川原さん。お客さんもあいつ誰?というレベルの知名度で。大悟さんは怒ることもなくその後も可愛がってくれたらしい。
ウーマンの村本さんには嫌われているらしいけどw、舞台上でおもしろければそれでいい、というスタンスらしい。
 
大阪の同期であるBKBも川原さんとは少し距離があって、数年前まで「川原くん」と呼んでいたそう。
少しずつ距離を詰めている。
BKB「さっきもギャグのとき絡んできたり、嫌われてはないな、ってわかってたんで」
 
向井「後輩はなかなか行けないですもん。」ちょっと気合い入れて行く感じで。
BKB「俺同期だから」w
尾形「俺先輩だから」w
向井「後輩が行けるわけないですよね笑」
 
川原さんと菅さんは同じタイプで尾形さんと瀬下さんは同じタイプですよね、と整理する向井さん。
そうなると向井さんとBKBは同じ?
 
向井さんがブランチをインフルで休むときに代役で出れる人を探していたときのこと。
BKBのマネージャーに「向井さんの代役推薦しておきますね!」と言われたと。
BKB「マネージャー俺のキャラ理解してないな」w
 
BKBのほうが東京長い。
天竺はまだ2ヶ月くらい。
BKBは大物に可愛がられている。
BKB「鬼龍院翔*1の誕生日パーティーに呼ばれたりするくらいです」「あと武井壮さんに月2回焼き肉連れてってもらうくらいです」w
ほかにも秋野陽子や渡辺徹にも可愛がられているそう。
大物芸能人からするとめずらしい深海魚のような存在なのでは?と言われていたw
 
川原さんが又吉さんに連れていかれたおすすめの場所。公園に連れていかれたが深夜2時で真っ暗w
菅「又吉さん公園好きだもんね」
向井「好き」
 
BKB「今日このあと3人(尾形、川原、BKB)で飲みに行きましょうよ」
尾形「いいじゃん、行こうよ」
川原「3人で何の話するんですか」
尾形「お笑いの話しようよ」
川原「(菅さんに)来てくださいよ」
 
次からは尾形さんは川原さんにグイグイ行こう。そういう人いないからおもしろいかも。でも行ったら行ったで殴られるのでは?という話に。
強面だけど喧嘩はしたことない川原さん。
 
天竺鼠の二人は違う高校に通っていた。
瀬下さんは喧嘩のチームに入っていた。暴走族というわけではない。喧嘩をするチームらしいw
川原さんにもチームに入ってほしいということになったが、川原さんは喧嘩はしたくないので、後ろで見ているだけ。喧嘩相手が川原さんを襲おうとしたらちゃんと守る。
後ろで見てるだけの川原さんがボス説が流れたとかw なんで川原さんを仲間にしたかったのかというとおもしろかったからだそう。
 
BKBが33歳のとき道頓堀で絡まれた話*2
後輩と一緒にいたら絡まれてしまった
ヤンキー「おいお前、チビのほうや」
ヤンキー「いくつや」
BKB「30です」なんとなく恥ずかしくて若くサバを読むw
ヤンキー「何マスクしてんねん」
BKB「乾燥肌なんです」
ヤンキー「肌きれいやん」w
 
向井「ちょっと褒められるんですね」w
 最終的には気をつけて帰れよ、と言われて終わったそうw
 
尾形さんも街で絡まれやすいタイプ。ギャグを振られることも多い。
サンキューの返すテンションの違い
かわいい女の子の場合
尾形「サンキュー!!」
大学生くらいの男の子
尾形「サンキュー」
おじさん
尾形「 …ュー…」ほとんど何言ってるのかわからない。格差がひどい。
 
特技披露のコーナー
BKBは指相撲。今まで負けたことないそう。オーディションに持っていったこともあるけれど一度も引っ掛かったことはないらしいw
パンサーが順番に挑戦するがすべてBKBの勝ち。瀬下さんが気合充分で挑むも撃沈。
本当に強かった。
 
瀬下さんはギャグ 。
ギャグなんてやるんですか?とパンサー。代表作を披露。
瀬下「お疲れさま瀬下ー!」
菅「文字でしか見たことない」私も菅さんと同じ感想だった。
頭を動かして「何してるかわかります?…○○してるんです」というギャグ
川原さんにテレビ向きじゃないと言われてた。
 
川原さんは口でマシンガンの音マネ
みんなでやってみるが、唇でブルブルして音を出すだけなのに意外と難しい。  
向井「…ぶぶぶ…」 
川原「違う、違う。ぶぶぶ…じゃなくてバババババ…」
このくだり何回かやってたんだけど淡々としてて無駄に職人みたいでおもしろかった。
 
すごくどうでもいいことだけど、向井さんが最初と最後にゲストの名前を紹介するときに「バイク川崎バイクさん」と言わなかったのがちょっとおもしろかった。当たり前のように「天竺鼠さんとBKBさんでしたー!」って言ってたんだけど、本当はバイク川崎バイクさんと言わないとダメよね?BKBという呼び方があまりにも定着しすぎている。
 
本性が見えない川原さんのことが少しだけわかったような、まだよくわからないような、でも楽しかった。BKBも実はもともとよく知らないんだけど、生で観れてうれしかったな。すごい才能があるわけではないけど愛されキャラなのがよくわかったというか。
瀬下さんの話ももう少し聴きたかったけど、時間も短いしコンビとして推すのは川原さんのキャラだろうから仕方ない。
気を使いすぎることはなく、でもお互い知らないことがあるから盛り上がる、大阪の同世代の芸人がゲストの回はいいね。
次回は日程的に行きづらいのでたぶんパス。でもライブ楽しいから時間ある人はぜひ行ってね。
 

f:id:mccice:20160408005607j:image
 
ちなみに無限大ホールが10周年でロビーに写真パネルが飾られてた。他の芸人もいろいろいたけど、この写真はいつ撮ったものなんだろうかw

*1:東京NSC9期でしずる池田の元相方だからそこまで雲の上の存在でもないような

*2:今は36歳らしい、衝撃。